まるちらいざぁーランキング

何かを始めたい時や困った時のおすすめ本・グッズを厳選して紹介!

日本人フィギアスケーターの著書おすすめ7選

   

Pocket

フィギアスケートの世界は男女ともに華々しくて、可憐で、美しいですよね。その裏では、涙ぐましい練習と努力の日々があります。フィギアスケーターの方々に学ぶことも多くあるということで今回は、フィギアスケーターの著書にはどのようなものがあるのか、おすすめの著書をご紹介してまいります。

15歳の寺子屋 乗り越える力 著者:荒川静香


先ずは荒川静香さんの著書をお届けします。小学生時代に既に天才少女と呼ばれていたそうですが、あまり記憶になかった印象があります。そんな中、2006年のトリノオリンピックにて金メダルを獲得し、「イナバウアー」が新語・流行語大賞を受賞したりで一気に脚光を浴びました。こちらの著書は6年前に出版されたものです。

クールビューティーとも呼ばれて、何にも動じない、凛とした美しさを持つ荒川静香さん。原点が垣間見れる一冊となっています。

人生はハードルの連続。その時に投げ出さずに負けない心。荒川さん自らの経験と読者皆に伝えたいことが満載に詰め込まれています。勇気をもらえるかも知れませんよ。

〔amazon〕15歳の寺子屋 乗り越える力

蒼い炎Ⅱ 飛翔編 著者:羽生結弦


きっと知らない人はいないのではないかと思うほど大人気フィギアスケーター羽生結弦さんです。こちらはベストセラーとなった「蒼い炎」から4年の歳月を経て出版された

自叙伝の続編となります。興味津々のインタビューはもちろん、写真集のように100点以上の写真が掲載されています。結弦ファンにはたまらない一冊ですよ。

王者としての苦悩、ケガや病気との闘い、羽生さんの光と影が丸わかりです。出版社からのコメントに、羽生さんの印税は全てアイスリンク仙台へ寄付されるとなっていました。

被災地への思いやさまざまな支援活動もされている羽生さん。この若さでどれほどのプレッシャーを背負って、期待に応えようと努力されているのか、それは計り知れません。手にとって見られませんか?

〔amazon〕蒼い炎II-飛翔編-

浅田真央 夢の軌跡~ドリームのきせき~ 著者:浅田真央

フィギアスケート界のアイドル浅田真央さん。残念ながら若くして引退をされましたが、ファンの方々を始め日本中の人々が拍手を送ったのではないでしょうか。浅田真央さんの美しさ、可愛いらしさ、豊かな表情、華麗な衣装などなど、全てがこの一冊で丸わかりです。

より鮮やかな画像が楽しめる大型版のサイズ(縦約30cm)となっています。写真満載の隅にそれぞれコメントが書かれてまして、本当に浅田真央さんが歩んできた足跡を共に辿れるかのようなフォトブックです。おすすめです。

〔amazon〕浅田真央 夢の軌跡~ドリームのきせき~

それでも前を向くために 著者:高橋大輔


男子フィギアスケート界を引っ張って来た兄貴分的な高橋大輔さん。イケメンとしても注目を浴び、繊細でありながらワイルドな面も感じるようなカッコいい滑りを見せてくれていました。

写真満載はもちろんのこと、スケートに対する姿勢などこれまでのスケート人生を飾らない言葉で綴られています。高橋大輔さんの人となりがわかって、読み応えのある一冊となっていますよ。決してアイドル本ではありません。いかがですか?

〔amazon〕それでも前を向くために be SOUL 2

壁はきっと越えられる 夢をかなえる晩成力 著者:鈴木明子


ほんわかとした優しさと人一倍の努力家で女子スケート界を支えてきた鈴木明子さん。晩成力ってどういうことかと思ったら、三回転・三回転の連続ジャンプを跳べるようになったのが26歳の時とのこと。これは驚きですね。

こんなにも遅咲きは自分だけと言われています。その中でバンクーバーとソチと2度のオリンピックに出場されています。さまざまな経験の中で、夢をどう見つけるか、どう叶えていくのかのヒントが見つかるかも知れませんよ。

〔amazon〕壁はきっと越えられる ―夢をかなえる晩成力

トップスケーターの流儀 著者:中野友加里


最近のファンにはあまり馴染みのない名前かも知れませんが、世界でも少ないトリプルアクセルジャンパーとして人気を博した中野友加里さん。若くして現役を引退されましたが、今はテレビ局のスポーツ局にて勤務されています。

そんな中野さんがトップスケーター9人へのインタビューを通して、他では聞けないような本音のお話が満載されている一冊となっています。浅田真央、安藤美姫、鈴木明子、村上佳菜子、高橋大輔、羽生結弦、無良崇人、小塚崇彦、織田信成の9人という豪華メンバーです。

〔amazon〕トップスケーターの流儀 中野友加里が聞く9人のリアルストーリー

ステップ バイ ステップ 著者:小塚崇彦


それでは最後に、フィギアスケート界の貴公子と呼ばれた小塚崇彦さんの著書のご紹介です。これまでのスケーター人生の歩みが、丁寧に綴られています。

写真や試合でのエピソード満載で、小塚崇彦さんに興味を持たれている方にとって、また競技者としての内容も多いのでフィギアに取り組む青少年の方にもおすすめの一冊です。

〔amazon〕ステップ バイ ステップ

まとめ

トップスケーターたちの人となりやそれぞれのスケートに懸ける思いが伝わってくるような著書ばかりです。織田信成くんも著書があるのかなと思いましたら、残念ながら見つかりませんでした。今も輝く方々ばかりなので、珠玉の言葉、写真をお楽しみ頂けたら幸せます。気になる一冊は見つかりましたか?

 - 教養